腰痛を考える 腰痛と膝の痛みの解消、あなたの不安、解消しましょう

2009年08月12日

腰痛を考える

スポンサードリンク

腰痛対策で色々取り組んでいる人は多いと思いますが、まちがった腰痛対策ではかえって悪くしてしまいますので、きちんとした知識を身に付けましょう。腰痛には多くの原因があり、内科疾患が起因するものや骨、関節、筋の障害によるもの、加齢による変性によるもの、椎間板の損傷によるもの、心因性のものなどがありますので、腰痛対策をする際には、原因が何かを知る必要があります。腰痛の原因として多いのは、腰を支える骨筋肉の故障ですが、それ以外にも内臓疾患によるもの、さらに精神的なストレスも腰痛の原因になるのです。若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。内科的な疾患から来る腰痛には、腎臓疾患、尿管結石、大動脈瘤が原因の場合があります。中には深刻な病気の場合もあるので、早めに専門医に診断をしてもらってください。特に女性の腰痛の場合、背骨が原因でないことも多いので、家系で婦人科の病気になったことがある人がいたり、最近生理に変化があったりした等の場合は気をつけてください。長時間座ってパソコンを操作することの多い人は、毎日腰に負担をかけています。20〜30分に一度は立ち上がってストレッチなど、腰を動かすことを意識してください。そして腰痛対策としては1日の内の3分の1を占める寝ている時間を考えないわけにはいきません。寝るときの姿勢は横向きでやや前かがみになるのが一般的には良いと言われています。さらに腰痛予防としては、無造作に物を持ち上げるのは危険です。特に立ったままで腰を曲げて荷物を持ち上げるのが一番ぎっくり腰になりやすいので、必ずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。実は、太り気味の人はそれだけで腰痛になりやすいのです。普段から重い荷物を持っているのと同じで腰に負担がかかりますし、運動不足で背骨を支える筋力も低下してしまいます。腰痛対策としてストレッチははずすことができませんが、基本は「気持ちの良い範囲でゆっくり伸ばす」ことです。特にねじるストレッチは勢いをつけてはいけません。呼吸を止めずにゆっくりと行なうストレッチを習慣化するようにしましょう。心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


ジョギング:腰痛
腰痛.今年の初めから、腰が痛くて、運動不足かなともいつつ、ジョギングをしていたのですが、なかなか、よくならず我慢していました。いつだったか、ジョギングしていても、使っていない筋肉があるのかもと思い、朝、5分程度腹筋を鍛える運動を......


さくら街道から:最先端「腰痛事情」
しかしながら、腰痛患者の訴える症状と理学所見や画像所見との関連性が低く、原因を明確に特定できるのは全腰痛患者の15パーセントに満たないといいます。この本ではEBM(根拠に基づく医療)という考え方により、新たに捉え直された腰痛治療の......


腰痛 - ふみ - Yahoo!ブログ
ふみそのものの日常を露骨に告白します。(ふみ野球人生恋愛)...


posted by 腰痛解消 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辛い腰痛の悩み解消
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。